京都府 舞鶴市

京都府舞鶴市にある片山産婦人科の情報

投稿日:

季節性インフルエンザは、毎年12月から一月にかけて流行します。ワクチン接種をしたり、予防や対処の仕方についての知恵を勉強したりと、流行が広がる前から留意する必要があります。このサイトでは、季節性インフルエンザと普通のかぜとのちがい、検査の方法、患ったときの対処の方法や治療する方法について解説します。

◆周辺の内科または小児科

片山産婦人科

京都府舞鶴市字倉谷400-1

TEL 0773-77-2628

インフルエンザの検査方法

インフルエンザにかかっているかどうかを判断するためには、症状のきっかけがインフルエンザウィルスであることをチェックすることが大事です。ウイルスに感染しているかどうかを確かめる手段としては、

1)インフルエンザウイルスがいるかどうかを調査する
2)カラダの中にインフルエンザウイルスに対する抗体が出来ているかを見つける

という2つの調査方法がありますが、1)がほぼすべての医療機関で行なわれています。

迅速診断法という確認方法がつくられて、十分以内で結果を知ることができるようになりました。この診断は、迅速診断キットとよばれる検査器具を使って、鼻からのぬぐい液を採取して、ウイルスを調査します。少々痛い体験をしたことのある人も結構いるのではないかと思います。

この検査キットでは、インフルエンザA型、B型を検査でき、十分以内で検査結果がわかります。但し、発症直後の12時間以内の時は、体内のウィルスの数があまり多くなくて、陰性と判定されるときもあります。

そのため、陰性と判定を受けたケースでも、周囲のインフルエンザの流行の実情をふまえて、発症したつぎの日に再び検査をして再び判定することもあります。

インフルエンザを発症したら?

発症しているあいだの5つの対策

かかりつけ内科医の指導に沿った治療をうける
しずかに休養を取る。何と言ってもじゅうぶんな睡眠が必須
水分を十分にとる。お茶やスープなども可
せきやクシャミのせいで、まわりに二次感染させない為に高機能マスクを着用する
人でごった返してるところや賑やかな市街地に出て行くのを止める。勤務場所や学校に無理していかない

小児の場合、突如駆け出す、子供部屋からとびだそうとする、あちこち歩きまわるなどの異常な行動をおこすケースもあります。そんなわけで、家で療養している場合は、すくなくとも発症してから二日間、できれば熱が下がるまではお子さんが1人きりにならないように配慮してください。

発症後の復帰の時期

一般的には、インフルエンザを発病する前日から、熱を出してから5日間は、鼻や喉からウィルスを空気中に排出するといわれているたため、その間は外出を止めておくことが要求されます。

学校保健安全法では発症した後5日が経ち、かつ、熱が下がったあと2日(幼い子は三日)を経過するまでをインフルエンザが理由の出席停止期間と決まっています。但し、病状により学校医やそのほかの医師が感染のリスクがないと認めた時は、この限りではありません。

インフルエンザを治すおくすり

厚労省のインフルエンザ総合対策情報によると、平成27年度の抗インフルエンザウィルス薬の供給予定量は、

1)タミフルが約700万人分
2)リレンザがおよそ三百九十万人分
3)ラピアクターが約75万人分
4)イナビルが約700万人分

とのことです。

抗インフルエンザ薬の効能は、症状がではじめてからの期間や症状によってことなるので、使用については、かかりつけの医師の先生の指示に従って下さい。

このくすりは、発病から48時間以内の早めの時期に服用すると、熱がでている期間は多くの場合1日から二日間で短縮され、鼻やのどからのウィルス排出量も減ります。2日以降に服用するとしっかりとした効果は期待薄のため、効果的な使用のためには、用法、用量、期間をしっかりと守ることが大切です。

感染症学会の提言によりますと、診療所や老人ホームでは、インフルエンザの感染する力が大きいため、タミフル、リレンザ、イナビルを、現況に合わせて予防的に投与することがすすめられています。

まとめ

インフルエンザを発病しないようにワクチンを注射し、手洗い、うがい、高機能マスクを着ける予防が一番です。それでも、必然的にかかってしまうのが、インフルエンザの感染する力の勢いです。かぜとまちがわないように、38℃を超える急激な発熱、強いだるさ、寒気等の症状があるときには、インフルエンザの可能性を考えてみたほうが良いです。検査で陽性だった場合、発症から2日間以内に適した抗インフルエンザ薬を服用すると、はやく回復が見込まれます。

-京都府, 舞鶴市
-, ,

Copyright© インフルエンザの症状への対処と治療薬 , 2018 AllRights Reserved.