京都市 京都府

京都府京都市にある西大丸診療所の情報

投稿日:

▼▼▼タミフルジェネリックを常備して予防するにはコチラから▼▼▼ オセフル(タミフルジェネリック)
オセフル(タミフルジェネリック)
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

新型インフルエンザは、年々十二月から一月にかけて猛威をふるいます。予防接種をしたり、予防や対処の対策に関する知識を得たりと、爆発的流行が本格化する前から警戒することが求められます。今回は、季節性インフルエンザと一般的な風邪との違い、検査の仕方、かかった場合の処置する方法や治療を受ける方法についてお話します。

◆ちかくの内科または小児科

西大丸診療所

京都府京都市右京区西京極西大丸町29

TEL 075-311-5992

インフルエンザの検査方法

インフルエンザを発症しているかどうかを判断するには、症状の要因がインフルエンザウイルスであることをしらべることが必要です。ウイルスに感染しているかどうかをしらべる手段としては、

1)インフルエンザウイルスが存在するかどうかを確認する
2)体の中にインフルエンザウイルスに対する抗体が作られているかを見つける

という二種類の方法がありますが、前者がほとんどすべての内科クリニックで行なわれています。

迅速診断法という診断方法が作られて、10分以内でデータを知ることができるようになりました。この診断は、迅速診断キットとよばれる検査器具を用いて、鼻からのぬぐい液をとって、ウイルスをしらべます。すこしだけ痛みを感じる経験をしたことのある方もかなりいると思われます。

この検査キットでは、インフルエンザA型、B型を検査でき、十分以内で検査結果を得ることができます。ですが、発病してすぐの12時間以内の時は、カラダの中のウィルス量があまり多くなく、陰性と判定されることもあります。

その結果、陰性と判定された時でも、周囲のインフルエンザの流行状況を踏まえた上で、発病した翌日に再検査をして確認することもあります。

インフルエンザにかかったら?

発症しているあいだの5つの対応策

かかりつけ病院の先生の指導にしたがった治療をやってもらう
しずかに休養をとる。とくに長時間の睡眠が大切
水分をじゅうぶんにとる。緑茶やスープなども大丈夫
咳やくしゃみのせいで、周囲に二次感染させないように機能性マスクを着ける
ひとごみや賑やかな市街地に出て行くのを止めておく。職場や学校にむりやり行こうとしない

保育園児のケースでは、急に走り出す、リビングからとびだそうとする、ウロウロと歩き回るなどの異常な行動をおこすケースがあります。従って、家で療養している場合、最低でも発症してから二日間、できるかぎり解熱するまでは子どもが一人きりにならないように気をつけてください。

発症した後の復帰する目安

一般的にいうと、インフルエンザを発症する前の日から、発熱して5日間は、鼻やのどからウィルスを空気中に排出するといわれているたので、そのあいだは外出を止めることが必要です。

学校保健安全法では発病したあと5日が経ち、加えて、熱が下がったあと2日(幼児は三日)を経過するまでをインフルエンザによる出席停止期間と規定しています。けれども、病状により学校の専門医やそのほかの医師の先生がうつすおそれがないとみとめたときは、この限りではありません。

インフルエンザを治療するおくすり

厚労省のインフルエンザ総合対策情報では、2015年度の抗インフルエンザウィルス薬の供給予定量は、

1)タミフルが約700万人分
2)リレンザが約三百九十万人分
3)ラピアクターが約75万人分
4)イナビルが約700万人分

とのことです。

抗インフルエンザ薬の効能は、症状が出始めてからの時間や症状によって違うので、使用については、かかりつけの医師の先生の指導にしたがってください。

このくすりは、発症から2日間以内の早い段階にのむと、熱が出ている期間は多くの場合一日から二日間で短くなって、鼻やのどからのウィルス排出量も少なくなります。二日以降に飲むとじゅうぶんな効果は期待薄のため、効き目がある使用のためには、用法、用量、期間をキッチリと守ることが大事です。

感染症学会のコメントによりますと、病院や老人ホームでは、インフルエンザの感染力が大きいため、タミフル、リレンザ、イナビルを、事態にあわせて予防的に使用することが推奨されています。

まとめ

インフルエンザを発病しないようにワクチンを接種し、手あらい、うがい、抗ウイルスマスクをつける予防策が一番です。それでも、どうしたって発症するのが、インフルエンザの感染力のつよさです。かぜと間違えないように、38度をこえる急激な発熱、強い倦怠感、悪寒等の症状がある時には、インフルエンザの可能性を頭に入れてみましょう。検査で陽性だったときは、発症から48時間以内に効き目がある抗インフルエンザ薬を飲むと、早期に回復が期待できます。

-京都市, 京都府
-, ,

Copyright© インフルエンザの症状への対処と治療薬 , 2018 AllRights Reserved.