京都府 城陽市

京都府城陽市にある森澤医院の情報

投稿日:

インフルエンザは、毎年12月から1月にかけて流行ります。ワクチン接種をしたり、予防や対処の対策に関する知識を勉強したりと、流行が拡大する前から用心することが求められます。今回は、季節性インフルエンザとふつうのかぜとのちがい、検査の方法、発症した場合の処置するしかたや治す方法について説明します。

◆周辺の内科または小児科

森澤医院

京都府城陽市寺田西ノ口18

TEL 0774-52-5303

インフルエンザの検査方法

インフルエンザを発症しているかどうかを判断するためには、病状の起因がインフルエンザのウイルスであることをしらべることが大事です。ウイルスに感染しているかどうかをしらべる手段は、

1)インフルエンザウイルスが存在するかどうかを調べる
2)体の中にインフルエンザウイルスに対する抗体が出来ているかをしらべる

という2つの方法がありますが、前者がほぼすべての医療機関で実施されています。

迅速診断法という方法がつくられて、十分以内でデータをチェックすることが可能になりました。この診断は、迅速診断キットと称される検査器具を使用して、鼻からの拭い液を取って、ウイルスをしらべます。ちょこっと痛い経験をしたことのある人も結構いると思います。

この検査キットでは、インフルエンザA型、B型を検査できて、10分以内で検査結果が判明します。ただし、かかってすぐの12時間以内の時は、体の中のウィルス量がすくなくて、陰性と判定される場合もあります。

その結果、マイナスと判定された場合でも、まわりのインフルエンザの流行の実態を踏まえて、発症した翌日に再検査をして再び判定する時もあります。

インフルエンザに罹ったら?

発病している最中の5つの対策

かかりつけ小児科医の指示にしたがった診療をうける
安静に休養をとる。なによりじゅうぶんな睡眠が不可欠
水分をたっぷりととる。そば茶やみそ汁などもオーケー
せきやクシャミにより、まわりに二次感染させないために不織布マスクを着用する
ひとごみやにぎやかな市街地に出ていくのを我慢する。勤務場所や学校に無理していかない

子どもの場合だと、急に走りだす、子供部屋から飛び出そうとする、あっちこっち歩きまわるなどの異常な行動をしてしまう恐れがあります。したがって、家で療養している時は、せめて発病から二日間、可能な限り解熱するまでは子供が1人ぼっちにならないように意識してください。

発症後の復帰の時期

よく聞く話では、インフルエンザを発病する前の日から、発熱して五日間は、鼻やノドからウィルスを空気中に排出するといわれているたので、その期間は外出を止めておくことが大事です。

学校保健安全法では発症したあと5日が経ち、その上、熱が下がったあと二日(幼い子どもは3日)を経過するまでをインフルエンザによる出席停止期間としています。けれども、病状により学校医やその他の医師がうつす見込みがないと判断した場合は、このかぎりではありません。

インフルエンザを治療するおくすり

厚労省のインフルエンザ総合対策情報では、平成二七年度の抗インフルエンザウィルス薬の供給予定量は、

1)タミフルが約七百万人分
2)リレンザが約390万人分
3)ラピアクターがおよそ75万人分
4)イナビルがおよそ700万人分

とのことです。

抗インフルエンザ薬の効果は、症状がではじめてからの期間や症状によってことなるため、服用については、かかりつけの医師の先生の指示に沿うようにしてください。

このおくすりは、発病から二日間以内の早い段階に服用すると、熱がでている期間はおおむね1日から二日間で短くなって、鼻やのどからのウィルス排出量も少なくなります。2日以降に服用すると十分な効果は期待薄のため、効果的な使用のためには、用法、用量、期間をきっちりと守ることが肝要です。

感染症学会の提言によりますと、クリニックや特別養護老人ホームでは、インフルエンザの感染力が大きいので、タミフル、リレンザ、イナビルを、状況に合わせて予防的に投与することがすすめられています。

まとめ

インフルエンザにかからないようにワクチンを注射し、手あらい、うがい、不織布製マスクを着ける予防が一番です。そうだとしても、否応なく発病するのが、インフルエンザの感染力のパワーです。かぜとまちがわないように、38℃を超える急激な発熱、強いダルさ、寒気などの症状がある場合には、インフルエンザの可能性を想定してみたほうが良いです。検査でプラスだった時、発病から二日間以内に適切な抗インフルエンザ薬を服用すると、早く快復が期待されます。

-京都府, 城陽市
-, ,

Copyright© インフルエンザの症状への対処と治療薬 , 2018 AllRights Reserved.