京都府 城陽市

京都府城陽市にあるほりうち医院の情報

投稿日:

インフルエンザは、毎年12月から1月にかけて大流行します。予防接種をしたり、予防や対処の方法に関する知識を学んだりと、流行が波及する前から注意をはらうことが求められます。このページでは、インフルエンザとふつうの風邪との違い、検査仕方、かかった場合の対処の仕方や治療を受ける方法についてお話します。

◆周辺の内科または小児科

ほりうち医院

京都府城陽市市辺柿木原52-1

TEL 0774-56-5330

インフルエンザの検査方法

インフルエンザにかかっているかどうかを確認するためには、症状のきっかけがインフルエンザウイルスであることを調査することになります。ウイルスに感染しているかどうかを確認する手段は、

1)インフルエンザウイルスがいるかどうかを見付ける
2)からだの中にインフルエンザウイルスに対する抗体がつくられているかを見付ける

という2つの方法がありますが、前者がほぼすべての医療機関でおこなわれています。

迅速診断法という診断方法が開発され、10分以内で診断結果を知ることが可能になりました。この診断は、迅速診断キットと呼ばれる検査器具を使用して、鼻からのぬぐい液を採取して、ウイルスを精査します。すこし痛みを感じる経験をしたことのある方もかなりいると思います。

この迅速診断キットでは、インフルエンザA型、B型を検査が可能で、十分以内で結果を得ることができます。ただし、発症直後の12時間以内の場合は、体内のウィルス量が多くなくて、マイナスと判定される時もあります。

その結果、マイナスと判定を受けた場合でも、周囲のインフルエンザの流行状況をふまえて、発症したつぎの日に再検査をして再び判定するときもあります。

インフルエンザにかかったら?

発症している最中の五つの対策

かかりつけ小児科医の指示にしたがった診療をうける
静かに休養する。とにかく十分な眠りが不可欠
水分を充分に摂る。ほうじ茶やスープなども可
咳やくしゃみが原因で、周りに二次感染させないために機能性マスクを着ける
人でごった返してるところや街の中心地への外出を避ける。勤め先や学校に無理にいかない

保育園児の場合、突然駆け出す、部屋からとびだそうとする、あちこち歩き回るなどの異常な行動をしてしまう可能性が高いです。ですので、自宅療養の場合、すくなくとも発症から二日間、できるかぎり解熱するまでは子どもが1人きりにならないように配慮してください。

発症した後の復帰する時期

よく聞く話だと、インフルエンザを発症する前日から、発熱して5日間は、鼻やノドからウィルスを空気中に排出すると言われているたため、その間は外出を避けることが大事です。

学校保健安全法では発症した後五日が経ち、かつ、熱が下がった後2日(幼い子どもは三日)を経過するまでをインフルエンザによる出席停止期間としています。ただし、症状により学校医やその他の医師が感染の見込みがないと判断したときは、このかぎりではありません。

インフルエンザを治療するくすり

厚労省のインフルエンザ総合対策情報によると、2015年度の抗インフルエンザウィルス薬の供給予定量は、

1)タミフルが約700万人分
2)リレンザがおよそ390万人分
3)ラピアクターがおよそ75万人分
4)イナビルが約700万人分

とのことです。

抗インフルエンザ薬の効果は、病状がではじめてからの日数や症状によってちがうため、使用については、かかりつけの医師の先生の指示にしたがってください。

このおくすりは、発症から48時間以内の早い内に服用すると、熱が出ている期間はほとんどの場合1日から2日間で短くなって、鼻やノドからのウィルス排出量も少なくなります。2日以降に服用するとしっかりとした効果は期待できないため、効果が高い服用のためには、用法、用量、期間をしっかり守ることが大切です。

感染症学会の提言によると、病院や高齢者向け施設では、インフルエンザの広がりが強いため、タミフル、リレンザ、イナビルを、事態に合わせて予防的に投与することが推奨されています。

まとめ

インフルエンザにかからないようにワクチンを注射し、手あらい、うがい、機能性マスクを着ける予防が一番です。そうだとしても、どうしても発症するのが、インフルエンザの感染する力の勢いです。カゼとまちがわないように、38℃を超える急激な発熱、つよいだるさ、寒気などの症状があるときには、インフルエンザの可能性を想定してみましょう。検査でプラスだった時は、発症から48時間以内に効果的な抗インフルエンザ薬を服用すると、早く回復が見込まれます。

-京都府, 城陽市
-, ,

Copyright© インフルエンザの症状への対処と治療薬 , 2018 AllRights Reserved.