京都市 京都府

京都府京都市にあるからすましめいクリニック/訪問看護ステーションからすましめいの情報

投稿日:

▼▼▼タミフルジェネリックを常備して予防するにはコチラから▼▼▼ オセフル(タミフルジェネリック)
オセフル(タミフルジェネリック)
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

A型インフルエンザは、毎年十二月から一月にかけてはやります。予防接種をしたり、予防や処置の仕方についての知識を得たりと、流行が加速する前から留意する必要があります。このページでは、新型インフルエンザとふつうのかぜとの相違、検査の方法、かかった場合の処置のしかたや治療する方法について説明します。

◆周辺の内科または小児科

からすましめいクリニック/訪問看護ステーションからすましめい

京都府京都市北区小山下総町5-1

TEL 075-411-9080

インフルエンザの検査方法

インフルエンザにかかっているかどうかを判断する為には、病状の起因がインフルエンザウイルスであることを調べる必要があります。ウイルスに感染しているかどうかを確かめる方法は、

1)インフルエンザウイルスが存在するかどうかを調べる
2)身体の中にインフルエンザウイルスに対する抗体ができているかを調べる

という2種類の方法がありますが、1)が大体すべての病院で実施されています。

迅速診断法という方法が作られて、十分以内で結果をチェックすることが可能になりました。この診断は、迅速診断キットと呼ばれる検査器具を使用して、鼻からの拭い液を採取して、ウイルスをしらべます。ちょこっと痛みを感じる体験をしたことのある方もかなりいると思います。

この検査キットでは、インフルエンザA型、B型を検査できて、10分以内で結果がわかります。ただし、罹ってすぐの12時間以内の場合は、体内のウィルス量が多くなく、陰性と判定を受けることもあります。

そういう理由で、マイナスと判定された場合でも、まわりのインフルエンザの流行の実態をふまえて、発症した翌日に再び検査をして再び判定する場合もあります。

インフルエンザにかかったら?

発症している期間の5つの対処法

かかりつけ病院の医師の指示に従った治療をしてもらう
静かにやすむ。なによりたっぷりと眠りが必須
水分をたっぷりととる。そば茶やスープなどもオーケー
せきやくしゃみによって、会社の人に二次感染させない為に抗菌マスクを着用する
人混みや人通りが多い街に出ていくのを我慢する。勤務場所や小学校に強引に出向かない

こどもの場合ですと、突如走りだす、子供部屋からとびだそうとする、ウロウロと歩きまわるなどの奇妙な行動をおこす確率が高いです。したがって、家で療養しているときは、すくなくとも発病してから2日間、可能な限り熱がさがるまでは子供が1人ぼっちにならないように気を使ってください。

発症した後の復帰する時期

よく聞く話では、インフルエンザを発病する前の日から、発熱して5日間は、鼻や喉からウィルスを空気中に排出すると言われているたので、その期間は外出を避けることが求められます。

学校保健安全法では発症したあと5日が経ち、かつ、解熱した後2日(幼児は三日)を経過するまでをインフルエンザによる出席停止期間と決められています。但し、病状により学校医やその他の医師の先生が感染の危険がないと認めた場合は、この限りではありません。

インフルエンザを治療するくすり

厚労省のインフルエンザ総合対策情報によると、2015年度の抗インフルエンザウィルス薬の供給予定量は、

1)タミフルが約七百万人分
2)リレンザがおよそ390万人分
3)ラピアクターが約75万人分
4)イナビルがおよそ700万人分

とのことです。

抗インフルエンザ薬の効能は、病状がではじめてからの時間や症状によって異なるため、使用については、かかりつけの病院の先生の指示にしたがってください。

このくすりは、発症から48時間以内の早期に服用すると、熱が出ているあいだは通常一日から2日間で短縮され、鼻やノドからのウィルス排出量も減少します。2日以降にのむと充分な効果は期待できないため、効果的な使用のためには、用法、用量、期間を守ることが肝要です。

感染症学会のコメントによりますと、病院や老齢者向け施設では、インフルエンザの感染力が大きいため、タミフル、リレンザ、イナビルを、事態に応じて予防的に投与することが勧められています。

まとめ

インフルエンザを発病しないようにワクチンを接種し、手洗い、うがい、抗ウイルスマスクを着用する予防対策が一番です。そうだとしても、どうしても発病するのが、インフルエンザの感染力の強さです。カゼとまちがわないように、38度を超える急激な発熱、強い倦怠感、寒気等の症状があるときには、インフルエンザの可能性を想定してみることをおすすめします。検査でプラスだった場合は、発症から二日間以内に適切な抗インフルエンザ薬をのむと、早く快復が期待されます。

-京都市, 京都府
-, ,

Copyright© インフルエンザの症状への対処と治療薬 , 2018 AllRights Reserved.