京都市 京都府

京都府京都市にある青木医院の情報

投稿日:

季節性インフルエンザは、毎年毎年十二月から1月にかけて猛威をふるいます。予防注射をしたり、予防や対処の手立てについての知識を勉強したりと、流行がひろまる前から注意する必要があります。今回は、A型インフルエンザと通常のカゼとの相違、検査する仕方、かかった場合の対処の方法や治療の方法について説明します。

◆近場の内科または小児科

青木医院

京都府京都市下京区西七条南衣田町58

TEL 075-313-7038

インフルエンザの検査方法

インフルエンザを発症しているかどうかを見極めるには、症状の起因がインフルエンザウイルスであることを見付ける必要があります。ウイルスに感染しているかどうかをしらべる方法としては、

1)インフルエンザウイルスが存在するかどうかを見つける
2)体内にインフルエンザウイルスに対する抗体が作られているかを見つける

という2つの方法がありますが、1)がおおよそすべての病院で行なわれています。

迅速診断法という方法がつくられて、10分以内で結果を知ることができるようになりました。この診断は、迅速診断キットとよばれる調査器具を使って、鼻からのぬぐい液をとって、ウイルスを精査します。ちょこっと痛みを感じる体験をしたことのある人も少なくはないと思われます。

この迅速診断キットでは、インフルエンザA型、B型を検査できて、十分以内で結果を得ることができます。ただし、発症直後の12時間以内のときは、体内のウィルスの数が少なくて、陰性と判定されることもあります。

それを受けて、陰性と判定されたケースでも、まわりのインフルエンザの流行状況を踏まえた上で、発病したつぎの日に再び検査をして再判定することもあります。

インフルエンザにかかったら?

発病している最中の5つの対処方法

かかりつけ医師の指示にしたがった治療をやってもらう
しずかにやすむ。特に充分な眠りが肝心
水分をじゅうぶんに摂取する。おちゃやみそ汁なども可
咳やクシャミのせいで、周囲に二次感染させないために立体マスクを着用する
混雑してる場所や繁華街への外出を控える。職場や高校に無理強いして出向かない

小児の場合、いきなり走りだす、居間からとびだそうとする、あっちこっちと歩きまわるなどの異常行動をするケースがあります。ですから、自宅療養の場合は、すくなくとも発病してから二日間、できれば解熱するまではあなたのお子さんがひとりぼっちにならないように意識してください。

発症した後の復帰の時期

よく聞く話では、インフルエンザを発症する前の日から、発熱して5日間は、鼻やのどからウィルスを空気中に排出するといわれているたため、そのあいだは外出をガマンするべきです。

学校保健安全法では発病した後5日を経過し、さらには、熱がさがったあと2日(幼児は三日)を経過するまでをインフルエンザによる出席停止期間と定めています。ただし、病状により学校の専門医やそのほかの医師の先生が感染のおそれがないと認めた時は、このかぎりではありません。

インフルエンザを治すお薬

厚労省のインフルエンザ総合対策情報では、平成二七年度の抗インフルエンザウィルス薬の供給予定量は、

1)タミフルが約700万人分
2)リレンザが約390万人分
3)ラピアクターがおよそ75万人分
4)イナビルが約700万人分

とのことです。

抗インフルエンザ薬の効き目は、症状がではじめてからの期間や病状によってことなるため、服用については、かかりつけの病院の医師の指示にしたがって下さい。

このおくすりは、発症から四八時間以内の早い時期にのむと、熱が出ている期間は多くの場合一日から二日間で短縮され、鼻やノドからのウィルス排出量も少なくなります。二日以降に服用するとじゅうぶんな効きは期待できないため、効果を発揮する使用のためには、用法、用量、期間をしっかり守ることが大切です。

感染症学会の提言によりますと、総合病院や老人施設では、インフルエンザの感染する力がつよいため、タミフル、リレンザ、イナビルを、事態にあわせて予防的に服用することがおすすめされています。

まとめ

インフルエンザにかからないようにワクチンを接種し、手あらい、うがい、マスクをつける予防が一番です。それでも、否応なくかかってしまうのが、インフルエンザの感染力の強さです。かぜと間違えないように、38℃を超える急激な発熱、つよいダルさ、寒気等の症状がある時には、インフルエンザのおそれを考えてみましょう。検査で陽性だった時、発症から48時間以内に適切な抗インフルエンザ薬を服用すると、早く回復が期待できます。

-京都市, 京都府
-, ,

Copyright© インフルエンザの症状への対処と治療薬 , 2018 AllRights Reserved.