京都市 京都府

京都府京都市にある辻医院の情報

投稿日:

A型インフルエンザは、毎年12月から一月にかけてピークになります。予防接種をしたり、予防や対処の手立てに関する知識を得たりと、流行が広がる前から注意をはらう必要があります。今回は、インフルエンザと普通のかぜとの違い、検査の方法、かかったときの対処の方法や治療を受ける方法について解説します。

◆近場の内科または小児科

辻医院

京都府京都市中京区西洞院通三条下る柳水町61

TEL 075-221-6957

インフルエンザの検査方法

インフルエンザにかかっているかどうかを判断するには、病状の要因がインフルエンザウイルスであることを見付ける必要があります。ウイルスに感染しているかどうかを見つける手段としては、

1)インフルエンザウイルスがいるかどうかを確認する
2)体の中にインフルエンザウイルスに対する抗体が作られているかを確認する

という2つの確認方法がありますが、前者が大体すべての内科クリニックで行なわれています。

迅速診断法という方法がつくられて、10分以内で診断結果を確認することができるようになりました。この診断は、迅速診断キットとなづけられた検査器具を用いて、鼻からのぬぐい液をとって、ウイルスをしらべます。少しだけ痛い経験をしたことのある人もかなりいるかもしれませんね。

この迅速診断キットでは、インフルエンザA型、B型を検査でき、十分以内で結果を得ることができます。ただし、発病直後の12時間以内の時は、体内のウィルスの数が多くなく、陰性と判定されることもあります。

その為、マイナスと判定を受けた時でも、周囲のインフルエンザの流行の状況を踏まえた上で、罹ったつぎの日に再検査をして確認することもあります。

インフルエンザにかかったら?

発症しているあいだの五つの対策

かかりつけ病院の医師の指示にしたがった診療をうける
安静に休む。なんといってもたっぷりと睡眠が肝心
水分をじゅうぶんにとる。麦茶やみそしるなども大丈夫
咳やクシャミによって、周囲に二次感染させないように不織布マスクをつける
多く人がいる場所や繁華街に出ていくのを止める。仕事先や中学校に無理に行かない

小児のケースでは、急に走りだす、子供部屋からとびだそうとする、あっちこっちと歩きまわるなどの異常な行動をおこす場合があります。そういう理由で、自宅で休んでいるときは、せめて発病から二日間、可能な限り熱がさがるまではお子さんが一人きりにならないように気をつけてください。

発症後の復帰の目安

よく聞く話では、インフルエンザを発病する前日から、発熱して5日間は、鼻やのどからウィルスを空気中に出すといわれているたため、その5日間は外出をガマンすることが必要です。

学校保健安全法では発症した後五日を経過し、そのうえ、熱がさがった後2日(幼児は三日)を経過するまでをインフルエンザによる出席停止期間と規定しています。ただし、病状により学校医やその他の医師の先生が感染のリスクがないと認めたときは、このかぎりではありません。

インフルエンザを治療する薬

厚労省のインフルエンザ総合対策情報によると、平成27年度の抗インフルエンザウィルス薬の供給予定量は、

1)タミフルが約700万人分
2)リレンザがおよそ三百九十万人分
3)ラピアクターが約七五万人分
4)イナビルがおよそ700万人分

とのことです。

抗インフルエンザ薬の効能は、病状がではじめてからの期間や病状によって異なるため、使用については、かかりつけのクリニックの先生の指示に沿うようにしてください。

このおくすりは、発症から二日間以内の早めの時期に服用すると、熱がでている期間はほとんどの場合一日から二日間で短くなって、鼻や喉からのウィルス排出量も減少します。二日以降に服用すると十分な効きは期待薄のため、効果的な使用のためには、用法、用量、期間を守ることが肝要です。

感染症学会の提言によりますと、クリニックや老人施設では、インフルエンザの広がりが著しいため、タミフル、リレンザ、イナビルを、状況に対応して予防として投与することがすすめられています。

まとめ

インフルエンザを発病しないようにワクチンを注射し、手あらい、うがい、マスクを着用する予防が一番です。そうはいっても、否応なしにかかってしまうのが、インフルエンザの感染力のつよさです。かぜと間違わないように、38℃を超える急激な発熱、つよい倦怠感、寒気などの症状がある時には、インフルエンザの可能性を考えてみましょう。検査でプラスだった場合、発症から48時間以内に効果がある抗インフルエンザ薬を服用すると、はやく快復が期待できます。

-京都市, 京都府
-, ,

Copyright© インフルエンザの症状への対処と治療薬 , 2018 AllRights Reserved.