京都市 京都府

京都府京都市にある八木沢医院の情報

投稿日:

新型インフルエンザは、年々12月から1月にかけて猛威をふるいます。ワクチン接種をしたり、予防や対処の方法にかんする情報を得たりと、流行が本格化する前から注意を払っておく必要があります。今回は、インフルエンザと一般的なかぜとのちがい、検査方法、かかったときの対処のやり方や治す方法について解説します。

◆近場の内科または小児科

八木沢医院

京都府京都市山科区大塚南溝町30-4

TEL 075-581-8778

インフルエンザの検査方法

インフルエンザに罹っているかどうかを判断する為には、症状の原因がインフルエンザウイルスであることを調査することが大事です。ウイルスに感染しているかどうかを確かめる方法としては、

1)インフルエンザウイルスがいるかどうかを見つける
2)体内にインフルエンザウイルスに対する抗体ができているかを確かめる

という二つの確認方法がありますが、前者が殆ど全ての小児科医院でおこなわれています。

迅速診断法という方法がつくられて、10分以内で結果を確認することが出来るようになりました。この診断は、迅速診断キットと名付けられた検査器具を使用して、鼻からのぬぐい液をとって、ウイルスを調査します。すこし痛みを感じる体験をしたことのある人も結構多いと思います。

この検査キットでは、インフルエンザA型、B型を検査でき、10分以内で結果を得ることができます。ただし、発病直後の12時間以内のときは、身体の中のウィルス量が少なくて、マイナスと判定されるときもあります。

そのため、陰性と判定された場合でも、周囲のインフルエンザの流行の状況をふまえて、かかったつぎの日に再び検査をして確認することもあります。

インフルエンザに罹ったら?

発症しているあいだの5つの対応策

かかりつけ病院の医師の指示にしたがった治療をやってもらう
しずかにやすむ。とくにじゅうぶんな睡眠が大事
水分をじゅうぶんに摂取する。玄米茶やみそ汁などもOK
咳やくしゃみによって、クラスの人に二次感染させないように高機能マスクをつける
ひとごみや人通りが多い街に出ていくのを避ける。勤務場所や高校に無理矢理出向かない

保育園児の場合、突如走りだす、居間からとびだそうとする、あっちこっちと歩きまわるなどの異常行動をおこす可能性があります。そんなわけで、自宅療養の場合、すくなくとも発症してから二日間、できれば熱が下がるまではお子さんがひとりぼっちにならないように配慮してください。

発症後の復帰の時期

よく聞く話では、インフルエンザを発症する前日から、発熱して五日間は、鼻や喉からウィルスを空気中に出すといわれているたため、その五日間は外出を控えることが必須です。

学校保健安全法では発病したあと5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼い子どもは3日)が過ぎるまでをインフルエンザによる出席停止期間としています。但し、症状により学校医やそのほかの医者が感染の恐れがないとみとめた場合は、このかぎりではありません。

インフルエンザを治すおくすり

厚労省のインフルエンザ総合対策情報では、2015年度の抗インフルエンザウィルス薬の供給予定量は、

1)タミフルが約七百万人分
2)リレンザがおよそ三百九十万人分
3)ラピアクターがおよそ七五万人分
4)イナビルが約七百万人分

とのことです。

抗インフルエンザ薬の効果は、病状が出てからの時間や症状によって異なるため、使用については、かかりつけの病院の医師の指導に従って下さい。

このおくすりは、発症から二日間以内の早い段階にのむと、熱がでている間はだいたい1日から2日間で短くなって、鼻や喉からのウィルス排出量も減ります。2日以降にのむと充分な効果は期待出来ないため、効果が高い服用のためには、用法、用量、期間を守ることが重要です。

感染症学会の提言によりますと、クリニックや高齢者施設では、インフルエンザの感染力が大きいので、タミフル、リレンザ、イナビルを、現況に合わせて予防的に投与することがおすすめされています。

まとめ

インフルエンザにかからないようにワクチンを接種し、手あらい、うがい、機能性マスクを着用する予防がベストです。それでも、否応なしにうつされてしまうのが、インフルエンザの感染力の強さです。風邪と間違わないように、38℃を超える急な発熱、強いだるさ、寒気などの症状があるときには、インフルエンザの恐れを想定してみると良いと思います。検査で陽性だったとき、発症から48時間以内に効き目がある抗インフルエンザ薬を飲むと、早期に回復が見込まれます。

-京都市, 京都府
-, ,

Copyright© インフルエンザの症状への対処と治療薬 , 2018 AllRights Reserved.