京都市 京都府

京都府京都市にある安井クリニックの情報

投稿日:

インフルエンザは、毎年毎年12月から1月にかけて猛威をふるいます。予防接種をしたり、予防や対処の対策についての知識を得たりと、流行がひろがるまえから注意をはらうことが大事です。この記事では、インフルエンザとふつうのかぜとの相違、検査方法、かかった場合の対処する方法や治療の方法について解説していきます。

◆最寄りの内科または小児科

安井クリニック

京都府京都市山科区音羽役出町1-28

TEL F専 075-595-5811

インフルエンザの検査方法

インフルエンザにかかっているかどうかを見極めるには、症状のきっかけがインフルエンザウイルスであることを見付ける必要があります。ウイルスに感染しているかどうかを見つける手立ては、

1)インフルエンザウイルスが存在するかどうかを調べる
2)カラダの中にインフルエンザウイルスに対する抗体ができているかをしらべる

という二種類の調査方法がありますが、前者がだいたい全ての小児科医院でおこなわれています。

迅速診断法という方法がつくられて、十分以内で結果をチェックすることができるようになりました。この診断は、迅速診断キットと称される検査器具を使用して、鼻からのぬぐい液を取って、ウイルスをしらべます。少しだけ痛い経験をしたことのある方もかなりいると思われます。

この検査キットでは、インフルエンザA型、B型を検査でき、10分以内で結果が分かります。ただし、発症直後の12時間以内の状態では、カラダの中のウィルス量が多くなく、陰性と判定されるときもあります。

それを受けて、陰性と判定されたケースでも、周りのインフルエンザの流行状況をふまえて、かかった翌日に再検査をして確認する場合もあります。

インフルエンザにかかったら?

発病しているあいだの5つの対応策

かかりつけ病院の医師の指示にしたがった治療をしてもらう
静かに休む。何と言っても十分な睡眠が重要
水分をじゅうぶんに摂取する。お茶やスープ等もOK
せきやクシャミによって、身近な人に二次感染させないように不織布製マスクをつける
ひとごみや街の中心地に行くのをガマンする。職場や学校に強引に出向かない

小児のケースでは、急に走りだす、居間から飛びだそうとする、ウロウロと歩きまわるなどの異常な行動をするかもしれません。というわけで、自宅療養のときは、最低でも発症してから二日間、できれば熱が下がるまではお子さんが一人ぼっちにならないように意識してください。

発病した後の復帰の目安

よく聞く話では、インフルエンザを発病する前日から、熱を出してから5日間は、鼻やノドからウィルスを空気中に排出すると言われているたため、その5日間は外出を止めるべきです。

学校保健安全法では発病した後5日を経過し、且つ、熱が下がったあと2日(幼児は3日)を経過するまでをインフルエンザによる出席停止期間と決まっています。けれども、病状により学校の専門医やその他の医師がうつすおそれがないと判断した時は、このかぎりではありません。

インフルエンザを治療するおくすり

厚労省のインフルエンザ総合対策情報によると、2015年度の抗インフルエンザウィルス薬の供給予定量は、

1)タミフルが約700万人分
2)リレンザが約390万人分
3)ラピアクターがおよそ75万人分
4)イナビルがおよそ700万人分

とのことです。

抗インフルエンザ薬の効果は、症状がではじめてからの期間や症状によって違うので、使用については、かかりつけの医師の指示に従って下さい。

このお薬は、発症から48時間以内の早期にのむと、熱がでている期間は通常1日から2日間で短縮され、鼻や喉からのウィルス排出量も少なくなります。2日以降にのむとじゅうぶんな効きは期待薄のため、効果を発揮する使用のためには、用法、用量、期間をしっかりと守ることが重要です。

感染症学会の提言によりますと、クリニックや老人ホームでは、インフルエンザの感染力がつよいため、タミフル、リレンザ、イナビルを、現況に合わせて予防的に服用することがすすめられています。

まとめ

インフルエンザにかからないようにワクチンを接種し、手あらい、うがい、機能性マスクを着用する予防がベストです。そうであっても、どうしても発病するのが、インフルエンザの感染力の強さです。風邪と間違わないように、38℃をこえる急激な発熱、つよいダルさ、寒気などの症状がある時には、インフルエンザの恐れを意識してみたほうが良いです。検査で陽性だった場合、発病から48時間以内に適切な抗インフルエンザ薬を服用すると、早く快復が期待されます。

-京都市, 京都府
-, ,

Copyright© インフルエンザの症状への対処と治療薬 , 2018 AllRights Reserved.