京都市 京都府

京都府京都市にある柏木内科整形外科医院の情報

投稿日:

▼▼▼タミフルジェネリックを常備して予防するにはコチラから▼▼▼ オセフル(タミフルジェネリック)
オセフル(タミフルジェネリック)
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

季節性インフルエンザは、毎年十二月から1月にかけて流行します。予防接種をしたり、予防や処置の仕方についての情報を取り入れたりと、爆発的流行が本格化するまえから用心することが欠かせません。このサイトでは、季節性インフルエンザとよくある風邪との違い、検査する方法、かかった場合の処置のやり方や治療の方法について解説します。

◆周辺の内科または小児科

柏木内科整形外科医院

京都府京都市右京区嵯峨北堀町20-121

TEL 075-861-1928

インフルエンザの検査方法

インフルエンザにかかっているかどうかを判断するには、症状のきっかけがインフルエンザのウイルスであることを見つけることが必要です。ウイルスに感染しているかどうかを見つける手立ては、

1)インフルエンザウイルスがいるかどうかをしらべる
2)からだの中にインフルエンザウイルスに対する抗体ができているかを調べる

という二つの方法がありますが、前者がおおよそすべての医療機関で行われています。

迅速診断法という手法が開発され、10分以内で結果をチェックすることができるようになりました。この診断は、迅速診断キットとよばれる検査器具を用いて、鼻からのぬぐい液をとって、ウイルスをしらべます。少しだけ痛い経験をしたことのある人も結構いらっしゃるかもしれませんね。

この検査キットでは、インフルエンザA型、B型を検査でき、十分以内で結果を得ることができます。ただし、発病直後の12時間以内の時は、体の中のウィルス量が多くなくて、陰性と判定される時もあります。

その結果、陰性と判定された状態でも、周りのインフルエンザの流行の実情を踏まえて、発症した次の日に再び検査をして再び判定する時もあります。

インフルエンザを発病したら?

発症しているあいだの五つの対処法

かかりつけ内科医の指示にしたがった治療をしてもらう
安静に休養する。なんといっても長い時間の眠りが肝要
水分をじゅうぶんに摂る。玄米茶やみそしる等もOK
咳やクシャミのせいで、周囲に二次感染させないように抗ウイルスマスクを着ける
人でごった返してるところや繁華街に出て行くのを我慢する。仕事場や小学校に無理して行かない

こどものケースでは、急に走り出す、部屋から飛び出そうとする、あちこち歩き回るなどの異常行動をしてしまう可能性もあります。ですので、自宅療養の場合、少なくとも発症から二日間、できるかぎり熱がさがるまではお子さんが1人きりにならないように配慮してください。

発病した後の復帰のタイミング

一般的には、インフルエンザを発症する前日から、発熱して5日間は、鼻やのどからウィルスを空気中に排出するといわれているたので、そのあいだは外出を我慢することが必要です。

学校保健安全法では発症したあと5日を経過し、かつ、熱が下がった後2日(幼い子どもは3日)が過ぎるまでをインフルエンザによる出席停止期間と決められています。ですが、症状により学校医やその他の医師が感染のおそれがないと認めた場合は、このかぎりではありません。

インフルエンザを治療するおくすり

厚労省のインフルエンザ総合対策情報によると、平成27年度の抗インフルエンザウィルス薬の供給予定量は、

1)タミフルが約700万人分
2)リレンザが約390万人分
3)ラピアクターがおよそ75万人分
4)イナビルが約700万人分

とのことです。

抗インフルエンザ薬の効果は、症状が出始めてからの時間や症状によってちがうため、使用については、かかりつけのクリニックの先生の指導に従って下さい。

このくすりは、発症から2日間以内の早めの時期に飲むと、熱が出ている期間はほとんどの場合一日から二日間で短くなって、鼻やノドからのウィルス排出量も減少します。2日以降に服用すると十分な効きは期待できないため、効果が見込める使用のためには、用法、用量、期間をしっかりと守ることが大切です。

感染症学会の提言によりますと、病院や高齢者専用施設では、インフルエンザの広がりが大きいので、タミフル、リレンザ、イナビルを、状況に合わせて予防的に服用することがすすめられています。

まとめ

インフルエンザを発症しないようにワクチンを接種し、手あらい、うがい、抗ウイルスマスクを着用する予防対策が一番です。そうは言っても、必然的にうつされてしまうのが、インフルエンザの感染する力の強さです。風邪とまちがわないように、38℃をこえる急な発熱、つよい倦怠感、悪寒などの症状があるときには、インフルエンザの可能性を想定してみましょう。検査で陽性だった場合は、発症から48時間以内に最適な抗インフルエンザ薬をのむと、はやく回復が期待できます。

-京都市, 京都府
-, ,

Copyright© インフルエンザの症状への対処と治療薬 , 2018 AllRights Reserved.