堺市 大阪府

大阪府堺市にあるすぎうら内科小児科クリニックの情報

投稿日:

新型インフルエンザは、毎年毎年12月から1月にかけて席巻します。予防接種をしたり、予防や対処の方法についての知恵を学んだりと、流行が本格化する前から注意をはらうことが不可欠です。今回は、インフルエンザと通常のかぜとのちがい、検査しかた、かかった場合の処置する方法や治す方法について説明します。

◆お近くの内科または小児科

すぎうら内科小児科クリニック

大阪府堺市堺区向陵中町3丁4-20

TEL 072-257-8100

インフルエンザの検査方法

インフルエンザにかかっているかどうかを確認する為には、症状のきっかけがインフルエンザウイルスであることを調査することになります。ウイルスに感染しているかどうかを調べる手立ては、

1)インフルエンザウイルスが存在するかどうかをしらべる
2)身体の中にインフルエンザウイルスに対する抗体が出来ているかを確かめる

という二つの調査方法がありますが、前者が殆ど全ての医療機関で行われています。

迅速診断法という方法がつくられて、十分以内で結果を確認することが出来るようになりました。この診断は、迅速診断キットと呼ぶ検査器具を使用して、鼻からのぬぐい液をとって、ウイルスを調べます。少し痛みを感じる経験をしたことのある人も結構いるのではないでしょうか。

この迅速診断キットでは、インフルエンザA型、B型を検査でき、十分以内で検査の結果を得られます。ただし、発病してすぐの12時間以内の場合は、体内のウィルス量があまり多くなくて、陰性と判定されることもあります。

それを受けて、陰性と判定された場合でも、周囲のインフルエンザの流行の状況を踏まえた上で、発症した翌日に再び検査をして確認するときもあります。

インフルエンザを発症したら?

発症しているあいだの五つの対応策

かかりつけ病院の先生の指示に沿った治療をやってもらう
しずかに休養をとる。なによりタップリと眠りがカギ
水分をじゅうぶんにとる。麦茶やスープ等もオーケー
せきやくしゃみによって、身近な人に二次感染させない為に抗菌マスクをつける
多く人がいる場所や街の中心地に行くのをやめておく。職場や学校にむりやり行かない

子どものケースだと、急に駆けだす、リビングからとびだそうとする、あちこち歩きまわるなどの異常行動を起こす可能性もあります。だから、自宅療養の時は、せめて発症から二日間、できるかぎり解熱するまでは子供が一人きりにならないように注意してください。

発症した後の復帰の時期

一般的にいうと、インフルエンザを発症する前日から、熱を出してから5日間は、鼻やのどからウィルスを空気中に排出するといわれているたため、その五日間は外出を我慢することが要求されます。

学校保健安全法では発病した後五日が経ち、且つ、熱が下がったあと2日(幼児は3日)を経過するまでをインフルエンザによる出席停止期間としています。但し、病状により学校の専門医やその他のドクターが感染の見こみがないとみとめたときは、このかぎりではありません。

インフルエンザを治療するくすり

厚労省のインフルエンザ総合対策情報によると、2015年度の抗インフルエンザウィルス薬の供給予定量は、

1)タミフルが約七百万人分
2)リレンザが約390万人分
3)ラピアクターが約七五万人分
4)イナビルが約700万人分

とのことです。

抗インフルエンザ薬の効果は、症状がではじめてからの日数や症状によってことなるため、服用については、かかりつけの病院の先生の指示にしたがってください。

このおくすりは、発病から二日間以内の早期に飲むと、熱がでている間は多くの場合1日から2日間で短くなって、鼻やノドからのウィルス排出量も少なくなります。2日以降に服用すると十分な効果は期待出来ないため、効果が見込める使用のためには、用法、用量、期間を守ることが大切です。

感染症学会の提言によると、病院や高齢者向け施設では、インフルエンザの感染力が大きいため、タミフル、リレンザ、イナビルを、事態に応じて予防的に使用することがすすめられています。

まとめ

インフルエンザにかからないようにワクチンを接種し、手洗い、うがい、立体マスクをつける予防が一番です。それでも、必然的に感染してしまうのが、インフルエンザの感染力の強さです。カゼと間違わないように、38℃をこえる急な発熱、強い倦怠感、悪寒等の症状がある時には、インフルエンザの恐れを考えてみたほうが良いです。検査でプラスだった時は、発病から二日間以内に効果的な抗インフルエンザ薬を服用すると、はやく快復が見込まれます。

-堺市, 大阪府
-, ,

Copyright© インフルエンザの症状への対処と治療薬 , 2018 AllRights Reserved.