四條畷市 大阪府

大阪府四條畷市にある林内科医院の情報

投稿日:

インフルエンザは、毎年12月から一月にかけて流行ります。予防接種をしたり、予防や対処の方法についての情報を得たりと、流行が広がる前から注意をはらうことが不可欠です。この記事では、新型インフルエンザとふつうの風邪とのちがい、検査の仕方、発症した場合の処置する方法や治療する方法について説明します。

◆近くの内科または小児科

林内科医院

大阪府四條畷市岡山東2丁目1-23

TEL 072-878-8191

インフルエンザの検査方法

インフルエンザにかかっているかどうかを判断するためには、病状の原因がインフルエンザウイルスであることをしらべることが求められます。ウイルスに感染しているかどうかを確かめる方法としては、

1)インフルエンザウイルスがいるかどうかをしらべる
2)カラダの中にインフルエンザウイルスに対する抗体ができているかを見付ける

という二つの方法がありますが、前者がほとんどすべての病院でおこなわれています。

迅速診断法という方法がつくられて、十分以内で診断結果をチェックすることが可能になりました。この診断は、迅速診断キットと称される検査器具を使って、鼻からのぬぐい液をとって、ウイルスを精査します。すこしだけ痛みを感じる経験をしたことのある方も結構いると思われます。

この検査キットでは、インフルエンザA型、B型を検査でき、10分以内で検査の結果が判明します。ただし、発病直後の12時間以内のときは、体内のウィルスの数が少なく、陰性と判定されることもあります。

そういう理由で、マイナスと判定を受けた状態でも、周囲のインフルエンザの流行の状況をふまえて、罹ったつぎの日に再び検査をして再判定することもあります。

インフルエンザを発症したら?

発症しているあいだの五つの対策

かかりつけ小児科医の指示に従った治療をうける
安静に休む。兎に角じゅうぶんな眠りが重要
水分をじゅうぶんに摂る。おちゃやスープなども可
咳やくしゃみが原因で、まわりに二次感染させないために立体マスクをつける
人混みや賑やかな市街地に出て行くのをやめる。職場や高校にむりやり向かわない

子供のケースだと、いきなり駆け出す、部屋からとびだそうとする、うろうろと歩きまわるなどの奇妙な行動をする場合があります。したがって、家で療養している場合、すくなくとも発症してから2日間、できるかぎり解熱するまではあなたのお子さんが1人ぼっちにならないように注意してください。

発症後の復帰する目安

一般的には、インフルエンザを発病する前日から、熱を出してから五日間は、鼻やのどからウィルスを空気中に出すと言われているたため、そのあいだは外出を止める必要があります。

学校保健安全法では発症した後5日が経ち、更には、解熱したあと2日(幼児は3日)が経つまでをインフルエンザが理由の出席停止期間としています。ただし、病状により学校医やそのほかの医師が感染の恐れがないとみとめた時は、このかぎりではありません。

インフルエンザを治療するお薬

厚労省のインフルエンザ総合対策情報によると、平成27年度の抗インフルエンザウィルス薬の供給予定量は、

1)タミフルが約700万人分
2)リレンザが約390万人分
3)ラピアクターが約75万人分
4)イナビルが約七百万人分

とのことです。

抗インフルエンザ薬の効き目は、病状がではじめてからの時間や症状によって異なるので、服用については、かかりつけの医者の指示に沿うようにして下さい。

このお薬は、発病から48時間以内の早期に服用すると、熱がでている期間はほとんどの場合1日から2日間で短縮され、鼻やのどからのウィルス排出量も減少します。2日以降に服用するとしっかりとした効果は期待薄のため、効き目がある使用のためには、用法、用量、期間をしっかり守ることが重要です。

感染症学会のコメントによりますと、病院や高齢者施設では、インフルエンザの感染力が著しいので、タミフル、リレンザ、イナビルを、状況にあわせて予防的に服用することがすすめられています。

まとめ

インフルエンザにかからないようにワクチンを注射し、手あらい、うがい、不織布製マスクを着ける予防策が1番です。そうは言っても、どうしてもかかってしまうのが、インフルエンザの感染力の強さです。かぜと間違えないように、38℃をこえる急な発熱、強い倦怠感、寒気等の症状があるときには、インフルエンザのおそれを想定してみると良いと思います。検査で陽性だった時、発症から48時間以内に適した抗インフルエンザ薬を服用すると、早期に回復が見込まれます。

-四條畷市, 大阪府
-, ,

Copyright© インフルエンザの症状への対処と治療薬 , 2018 AllRights Reserved.