大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある冨吉医院の情報

投稿日:

インフルエンザは、毎年十二月から1月にかけてピークになります。予防接種をしたり、予防や対処の仕方に関する知恵を勉強したりと、爆発的流行が拡大するまえから留意することが不可欠です。このページでは、インフルエンザとふつうのかぜとのちがい、検査するやり方、発症したときの対処の仕方や治療の方法について解説します。

◆お近くの内科または小児科

冨吉医院

大阪府大阪市阿倍野区丸山通1丁目3-46

TEL 06-6651-4304

インフルエンザの検査方法

インフルエンザを発症しているかどうかを判断するには、病状の起因がインフルエンザウィルスであることを調べる必要があります。ウイルスに感染しているかどうかを確かめる手立ては、

1)インフルエンザウイルスがいるかどうかをしらべる
2)カラダの中にインフルエンザウイルスに対する抗体ができているかをしらべる

という二つの方法がありますが、前者がほとんどすべての医療機関でおこなわれています。

迅速診断法という診断方法がつくられて、10分以内で結果をチェックすることができるようになりました。この診断は、迅速診断キットと名付けられた検査器具を使用して、鼻からの拭い液を取って、ウイルスを精査します。ちょっぴり痛みを感じる経験をしたことのある方も少なくはないかもしれません。

この迅速診断キットでは、インフルエンザA型、B型を検査でき、10分以内で検査結果を得られます。ですが、発症してすぐの12時間以内の場合は、体内のウィルスの数がすくなくて、陰性と判定を受けることもあります。

それを受けて、陰性と判定された時でも、周りのインフルエンザの流行の状況を踏まえた上で、発症した次の日に再び検査をして確かめる時もあります。

インフルエンザを発症したら?

発症している間の5つの対応策

かかりつけ小児科医の指示にしたがった治療を受ける
静かにやすむ。なにより充分な眠りが大事
水分をタップリと摂取する。日本茶やみそ汁などもOK
せきやくしゃみにより、クラスの人に二次感染させないためにマスクを着用する
人混みや市街地への外出を我慢する。勤務先や小学校にむりやり出向かない

小児の場合、突如駆けだす、居間から飛びだそうとする、うろうろと歩き回るなどの奇妙な行動をおこす確率が高いです。従って、家で休んでいる場合は、少なくとも発病から2日間、できる限り熱が下がるまではお子さんが1人ぼっちにならないように気を付けてください。

発病した後の復帰の目安

よく聞く話だと、インフルエンザを発病する前日から、発熱して五日間は、鼻やのどからウィルスを空気中に排出するといわれているたため、そのあいだは外出を控えることが必須です。

学校保健安全法では発症した後5日が経ち、その上、熱が下がったあと2日(幼児は3日)が過ぎるまでをインフルエンザによる出席停止期間としています。ただし、病状により学校の専門医やその他の医師がうつす見込みがないとみとめたときは、この限りではありません。

インフルエンザを治療するくすり

厚労省のインフルエンザ総合対策情報では、2015年度の抗インフルエンザウィルス薬の供給予定量は、

1)タミフルがおよそ700万人分
2)リレンザが約三百九十万人分
3)ラピアクターが約75万人分
4)イナビルが約七百万人分

とのことです。

抗インフルエンザ薬の効果は、病状がではじめてからの時間や症状によって違うため、使用については、かかりつけの医者の指導に従ってください。

このお薬は、発症から2日間以内の早い内に服用すると、熱が出ている間は通常1日から2日間で短縮され、鼻や喉からのウィルス排出量も減少します。2日以降に飲むと十分な効果は期待薄のため、効果を発揮する服用のためには、用法、用量、期間をキッチリと守ることが大切です。

感染症学会の提言によりますと、総合病院や高齢者福祉施設では、インフルエンザの感染する力がつよいため、タミフル、リレンザ、イナビルを、現況にあわせて予防的に投与することが勧められています。

まとめ

インフルエンザにかからないようにワクチンを接種し、手あらい、うがい、不織布マスクをつける予防策が一番です。そうはいっても、否応なしに発症するのが、インフルエンザの感染する力の強さです。かぜと間違わないように、38度を超える急な発熱、強いだるさ、悪寒などの症状がある場合には、インフルエンザの可能性を頭に入れてみたほうが良いです。検査でプラスだったとき、発症から二日間以内に効果的な抗インフルエンザ薬をのむと、早期に快復が見込まれます。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© インフルエンザの症状への対処と治療薬 , 2018 AllRights Reserved.